最近の記事

2014年12月17日

この寒さはいつまで続くのか? 年末までの徹底寒さ予測と防寒対策

ここが気になる


  • 寒さはいつまで続くのか?

  • 寒さの原因は?

  • 防寒対策は?


  • N825_mahura-girl500-e1414713769773.jpg続きを読む

    いつも記事の拡散ありがとうございます。
    この記事も気に入ってもらえたら拡散して頂けると幸いです
    ↓       ↓       ↓        ↓
posted by クニ at 19:29 | Comment(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

【暴風注意】冬型気圧配置14日も続く 強風による被害で家が倒れる恐れ




本日、11月13日。冬型の気圧配置が強まり、各地で影響が発生した。
強い冬型の気圧配置の影響で、北海道と東北地方で、強風が吹き荒れた。
更に、気象庁は11月14日も暴風や高波に警戒が必要だと警報を出した。
また、上空からの強い寒気の影響で、北日本の日本海側の山沿いを中心に
降雪の恐れがある。





11月13日の天候は、最大瞬間風速は北海道で13日の37.0メートル
を観測した。
14日にかけては北海道で35メートル、
東北で30〜35メートルと予想される。
この風速は「雨戸や屋根が飛ばされ、しっかりしていない家が倒れる。電柱が倒れることがある。」
程度とされている。

日本海側は大しけとなる予報になっており、波の高さは
北海道と東北の日本海側で7メートル、北陸で6メートルの見込み。 


北日本や北陸地方では、平地でも雪の積もる所があるようです。
積雪や路面の凍結による交通障害に注意が必要ですね。
今年もあと7週間。健康に気を付けて良い年を迎えましょう。






いつも記事の拡散ありがとうございます。
この記事も気に入ってもらえたら拡散して頂けると幸いです
↓       ↓       ↓        ↓
posted by クニ at 21:48 | Comment(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

【落雷竜巻】冬型気圧配置強まる 北陸 東北 北海道では強風で家が倒れる恐れが








家が倒れるレベル 気圧配置が強まり暴風警報が出される


今夜から13日にかけて冬型の気圧配置が強まり、各地で影響が発生する模様。
現在発達中の低気圧がサハリン付近に進み、
13日には日本で冬型の気圧配置が強まる予報が出されている。






それを受けて、北陸、東北、北海道では朝から、日本海側を中心として大きな強風が吹く予報だ。
予想される最大瞬間風速は北陸や北日本で30〜35メートル。
この風速は、「雨戸まだは屋根が飛ばされることがある。しっかりしていない家が倒れる。電柱が倒れることがある。」など大きな被害が予想される風速である。
強風となり、海は大しけとなる見込み。

波の高さは北日本 日本海側が7メートル、北陸側が6メートルとなっている。
また、13日にかけては、前線や寒気の影響を受け、
北日本 日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となり、
落雷や竜巻などの激しい突風の恐れがある。
暴風や高波による被害にも警戒が必要だ。

また、上空に強い寒気が流れ込む影響で、
明後日14日にかけて北日本 山沿いを中心に降雪する予報が出されているので、
本格的な防雪対策が必要となる。
雪による、樹木や電線などからの落雪にも注意が必要だ。



13日は全国的に気温が大幅に下がるので厚手のコートなどを用意して出かけるようにしましょう。
北陸、北海道地方の方は突風や高波による被害を警戒しながら
外出するように心掛けてください。
ますます寒くなり、冬本番になってきました。
風邪などに気をつけて気持ち良く新年を迎えたいですね。







いつも記事の拡散ありがとうございます。
この記事も気に入ってもらえたら拡散して頂けると幸いです
↓       ↓       ↓        ↓
posted by クニ at 18:59 | Comment(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつも記事を読んで下さりありがとうございます。
よりよい記事作成のためブログランキングに参加しています。
良ければポチっと一回お願いします。
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。